陽向ぼっこ

のんびりまったり、おっさんの日記です

今度は海の方です! 

本日2記事目です。
1記事目につづいて、夏休み特集です(笑)
前回の記事で、雨と灼熱熱湯風呂と大渋滞で、精も根も尽き果てた私が夜寝ると、朝の3時に起こされました。
しかも寝坊したと、そうです、今日はディズニーシーに行くのでした。
もんちゃんママ(ばーば)と3時に待ち合わせをしているところ、3時に起床しました(笑)

とりあえず、子どもを一時的に起こして、おしっこをさせて車に乗せます。
20分の遅刻で、もんちゃんママをピックアップして、みんなでディズニーシーへ出発です!
いや、私以外のみんなは、夢の国ではなくて、リアルに夢の中へ戻っていきました。(笑)

って、よく考えたらもんちゃん今回は行きは起きてました!!(驚)
寝ていいと言っているんですが、ありがとうね。

しかし、人生初のディズニーシーは目茶苦茶こんでましたよ。
何度心が折れかけたか(涙)
開園と共に、前もって決めていた「トイストーリーマニア」のファストパスを取るために、園内を走りましたが、目茶苦茶広いです。
初めてだからそう感じるのかわかりませんが、ランドより広いんではないでしょうか?
まず、初めにここで心が折れかけました。

そして、目的にファストパス発券機付近で再び心が折れかけました。
大行列です💦
ファストパスの発行って列ができるの?!
昨年、ランドに言った時はファストパスの発券では並ばなかった記憶があるのですが、未だかつてないほどの行列があります。

私は、コレに並ぶのですか?

思わず自問自答したほどです。
私の記憶ではドラクエ3を買う時の行列に近いと思います。(そこまではないかも?)
私がファストパスの発券を受けて、乗れる時間は16時40分です。
朝一で取ってこの時間です。
しかも、私が発券を終えて、もんちゃん達と合流しようとしている時に、最後尾では、ファストパス発券の終了を告げていました💦

IMG_6008_convert_20140817210529.jpg

ウディーがあざ笑ってるように見えますよ。
恐るべし、ディズニーシーです。

DSC_7509_convert_20140817205825.jpg

しかし、三女の笑顔には勝てません。
がんばるぞ!!

ファストパスを取れたので、まずはみんなでタートルトークのアトラクションにいきました。
何気にこれ、私の一番のお気に入りのアトラクションです。
亀がしゃべるんですけど、喋りが最高に面白いんです。

あまりに気に入った、私は今朝も朝からずっと亀の真似をしてました。
私的にかなり似ていたのでしつこく繰り返していたら
もんちゃんと長女に「うざい!」と言われましたよ(涙)

そして、その後はマイフレンドダッフィーに行きました。
これは、上司に教えてもらったのですが、ミッキーの持ってる(?)テディーベアのダッフィーのSHOWを見ながら軽食が食べれるレストランです。
しかも、早い時間に行けば、あまり待たないで入れるのです!!

子どもは大喜びでSHOW見てますよ

DSC_7554_convert_20140817210248.jpg

かなり舞台に近い席で食事が出来ました。
子ども達はしっかりハンバーガーとポテトを食べながらも見てますよ

DSC_7519_convert_20140817205848.jpg

このころの私は、まだ余裕です。
上司に教えてもらったのにまるで自分が調べたかのような威張り様でポテトを食べてます(笑)

DSC_7546_convert_20140817205911.jpg

食事が終わると、私は海底に万マイルのファストパスを取りに行きました。
こちらは、行列もなく、とった1時間後には乗れるという素敵な感じでした。
ようし!調子出て来たぞ!
待ち合わせ場所のアラジンの国(? 適当に名付けました)に向かいます。

しかし、ディズニーは凄いですね。
こんなおっさんでも、景色だけでうきうきします。

DSC_7583_convert_20140817210312.jpg


アリエルの国です。
そしてすぐ横に、砂漠のアラジンの国があります。(笑)

DSC_7582_convert_20140817210225.jpg

結構、カオスですけど、違和感があまりないですね。

アラジンの国では、ジーニー(ランプの魔人)の3DのSHOWを見る予定ですが、並んでいましたので、これはファストパスを取ることにしました。
なので、この国では三女の楽しみにしていたコレに乗りました。

DSC_7601_convert_20140817210353.jpg

分からないですね、これ、2階建てのメリーゴーランドです。
三女はディズニーランドでも2回メリーゴーランドに乗るほどのメリーゴーランド好きです。
今回も、シーに行く前にママ友のママさんのシーのメリーゴーランドについて何度も聞いていました。
アラジンの国では、馬以外に、ゾウやグリフォンそして、ジーニーにも乗れるそうです。
三女はもちろんジーニー狙いです。
しかし、残念ながら馬にしか乗れませんでした。
それでも、三女はメリーゴーランドに乗れるだけで嬉しい、、、、はずです。

DSC_7591_convert_20140817210333_201408172208324e6.jpg

あれ、あまり楽しそうでないですね?
なにかなにか呟いてます。


「・・・怖い。怖い」

怖がってます、しがみついてます。あんなに楽しみにしてたのに(笑)可哀想、でも少し笑ってしまいました。

その後はお隣のアリエルの国に行きました。
子ども達はアリエルが大好きです。
アリエルの像がありましたので、写真をパシャ!

DSC_7605_convert_20140817210416.jpg

あれ?次女がなぜか俯いてます。楽しくないのかな?
と思ったら、

DSC_7608_convert_20140817210433.jpg

溜めてました。

DSC_7609_convert_20140817210449.jpg

この笑顔のための溜だったようです。
これには、さすがのアリエルもこの顔です(笑)

DSC_7610_convert_20140817210508.jpg

アリエルの顔少しひどくありません(笑)

その後、何個かアトラクションに乗りまして、私が期待していた海底2万マイルの時間となりましたので、移動するも、トラブルにより運行中止になってました。(・Д・`) かなりがっかりです。
しかし、仕方ないですね。

そうそう、写真はありませんがパレードも見ました。
ミニーのトロピカルパレード(?名前あってます?お酒を飲んだ後なので調べる気がしません。すみません)に参加できました。
ディズニーシーはランドに比べて、パレードを真ん中の湖でやるので、あまり並ばなくても鑑賞できます。
これは嬉しいことです。
そして、トロピカルパレードはあれです。私も噂で聞いていましたが、水を掛けまくられるやつでした。
いや、想像以上にびしょびしょにされます。
パレード後はパーク内の至る所が濡れている状態になるほど凄くびしょびしょです。
踊り好きの三女はノリノリで踊り、濡れていました、私ももんちゃんも長女も次女も大喜びです。
でも、一番、はしゃいでいたのは、もんちゃんママ(バーバ)でした(笑)
「いあやだ、濡れるの困る』
とかいいながら、一番嬉しそうに、一番濡れていました(爆笑)
いやー本当にこれは楽しかった。

濡れぬのは予想していたので、パレードの後は車に戻り着替えました。
元々、汗だくでしたので、着替えてとてもさっぱりしました。
これで、またがんばれるぞ!と思ってると、なんと雨が降り始めました💦
結構激しく Orz せっかく着替えたのに。

しかし、トイストーリーマニアを終えた辺りで再び晴れ間が出てきました。
なので、再び、行列に並びました。ストームライダーに並びました。
嵐の中を飛ぶ飛行機に乗る体験をできる3D映像のアトラクションです。
これは楽しそうですね、私3D大好きです。

しかし、しかし、自分の順番の直前で三女が「おしっこ!」と言い出しました。(T□T)
まじですか?

仕方なしに私と三女は行列から出ます。
本当にあとちょっとで乗れたのに(涙)、さすがにもう戻れないので、三女が乗りたがっているアラジンの国のメリーゴーランドにリベンジすることにしました。
三女はニコニコです。私は少し納得がいきませんが、かわいい三女のためですから仕方ないですね。
リベンジメリーゴーランドは私と二人で乗ることにしました。
しかも、念願かなってジーニーに乗ることができました。
見てください、この笑顔!!

IMG_6022_convert_20140817210546.jpg

今度は怖がらずに乗れました.
本当に嬉しそうで、パパが大満足です。

その後は暗くなってからですが、海底2万マイルも復活して楽しみました。
そして、こちらも写真はありませんが、メインイベントの花火付きのパレードも鑑賞しました。
これは圧巻です。すごいですね、ビビりました。

しかし、私はすでにエネルギー切れです。
眠たいです。

しかし、パレードが終わり、車に乗ると私ではなく、子どもももんちゃんママもそして、もんちゃんも速攻夢に落ちて行きました(涙)
ね、眠いです。
これが、本当のディズニーの正念場です。
「家に帰るまでが、ディズニーシーです」です。
本当に辛かった、眠かったです。

少々お金は掛かりましたが、子どもももんちゃんも私も、もんちゃんママもかなり楽しめました。
やはりディズニーシーは夢の国でした。がんばって、また行きたいな!っと思いましたよ。

なんだかとりとめのない書き方ですが、許してくださいね。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment