陽向ぼっこ

のんびりまったり、おっさんの日記です

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限界か? 

ネタがないです。
限界でしょうか?


と言うわけで、またまた先日の話。
これはまだ、長女が感染する前で、次女は完治し、三女が感染していた時の話。
私は畑の草取りをしていると、畑の外で、長女と次女が泥遊びを始めました。

泥遊びといっても、泥んこになって遊ぶのではなく、道具を使ってままごとご飯を作っていますので、放っておきました。
しばらくすると、長女が次女に「パパにいらっしゃいませって言って、注文聞いて来て!」と言いました。

どうやら私をお客さんにしてままごとが始まりそうです。
すぐに次女が私の元にやってきました。

次女「いらっしゃい!」

長女「いらっしゃいませでしょ!!」
長女からの指導が入ります。次女はニコニコで長女にしたがいます。

次女「いらっしゃいませ、なににするでござるか?」

?ござるか?語尾おかしくないですか?
顔をあげて長女を見ますが、なんの気にもとめていない様子です。
「いらっしゃい」は駄目で、「ござる」は大丈夫なようです。(笑)

子ども達は白菜の葉っぱをさきほどあげたところ、それでロールキャベツみたいなのを作っていたのを見ましたので

「ロール白菜一つ!」と注文しました。

次女「かしこまったでござる。デザートはいいでござるか?」
私「じゃあ、デザートもお願いね」
次女「わかったよ」

えっ「ござる」はいいの?(笑)もう語尾に飽きたようです。


しかし、家の子ども達は客商売に向かないようです。
なぜって?
泥んこご飯を作る時にどうも泥を淹れ過ぎたようで、長女が大声でいいます。

長女「やば、大盛りになっちゃった。次女、ちょっとお客さん大盛り食べれる太っちょか見て来て!」

次女「大丈夫。デブでござるよ」

ヲイヲイ!お客に丸聞こえですよ。
こんなお店絶対つぶれますね。

ああ、明日は書けるでしょうか?


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。