陽向ぼっこ

のんびりまったり、おっさんの日記です

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すねる 

また、さぼってしまいました。
どうも連休とかさぼり気味になります。
続ける気はありますので、見捨てないで、たまにでいいので見にきてくださいね。

さてさて、今日は前回の続きではなくて、3連休の最終日の話です。

私、3児のパパであるk2k2は月曜日にすねました。

土曜日、日曜日と散々

あんなことや

お父さんと一緒

こんなこと

ドリル

そして、そんなこと

得基礎サイズ

まで、して楽しく過ごしていたのに。

三十路後半のおっさんである私は豪快にすねました。

上の写真については、きっといつか説明をさせていただきますが、楽しい日々でした。

が、その後、すねました。

(恥ずかしくて)理由は言えませんがすねました。

すねて、引き蘢りました。

それは、家族5人でそれぞれに庭いじりをしていた時のことです。私は急遽すねました。
とりあえずと、庭の草を燃やしていたのを砂をかけ片付けて「家に入る」と妻に一言だけいい庭から退散しました。

実は、この3連休、偏頭痛と吐き気が酷くて寝ていました。
まあ、連休最終日のこの日は結構元気で、ほぼ完治していまして、それで庭いじりをしていたのですが、スネて家へ逆戻りしました。
妻はこの時私がスネたのか?頭が痛かったのか?わからなかったと思います。

とにかく、すねた私は家に入ると、直ぐさま2階へ上がりました。
2階には子ども部屋が2部屋あります。
一つは将来2部屋に分ける予定の大きな子ども部屋。
もう一つは、将来3人娘の誰かが使う、現在空き部屋。

この現在空き部屋、別の名称がありまして、「パパの部屋」とも言います。
勝手にそう言っていたのですが、ものは言ってみるものです。
私が勝手に言っていたおかげで今では家族の中でもそうよ呼ばれ、認知され初めてます。

その「パパの部屋」に私は引き蘢りました。

パパの部屋はエアコンはありませんが、陽当たりがよくとっても気持ちがいいです。
そんな部屋で、私は文庫本を持ち込み読み始めました。

とってもいい気持ちです♪

檜の床に寝そべって、日だまりの中、ゆっくりと頁を進めます。


しばらく、すると階段を登る音が聞こえます。
妻が3女を連れてきました。
「ここにいなさい!」妻が3女にそう言っています。
この時、私が2階にいることで、私がすねて家に入ったことを知った妻は私にはなにも言わずに、庭にいる長女と次女の元へ戻りました。

残されたのは引き蘢りの私と3女です。
3女はしきりに「◯ーちゃんが!◯ーちゃんが!」と長女に怒りをあらわにしています。
ちょっと私のとは違うようですが、3女もスネてここへ来たようです。

同じ、すねた者同士仲良くすることになりました。
でも、妻にあっさりバレては面白くないので、少し隠れる事にしました。

そこはここです。

ひきこもり

ロフト!!

引きこもり部屋

3女も私も大喜び、私は読書、3女は携帯のアンパンマンゲームに勤しみました。

すると再び、階段を登る音がします。
私は、3女に「しー」と言うと、3女はにっこり笑いながら沈黙を守ります。

2階に上がってきたのは長女でした。

「パパ!どこにいるの?パパ!」

念入りに梯子もあげて隠したので気づかないようです。
一度、部屋から長女が出ると、3女が大笑い、それでバレてしまいました。

バレては引き蘢りも終了と、梯子を降りようとすると、長女も「登りたい!」と言い出し、今度は3人で引き蘢りです。

長女はDSのアンパンマンゲームをしています。

そして、次に現れたのは、2女。
長女と同じく、「パパ、みんなどこ?」と大きな声をあげます。

3女、長女、私は「しー」としましましたが、意外と勘の鋭い次女はすぐに私たちを発見しました。

そして4人で引き蘢りです。

次女はスケッチブックに絵を描き始めました。



しばらくすると、物音が。。。これは間違いなく妻です。
みんなで隠れましたが、すぐに発見されました。

ああ、楽しかったとなるかと思いきや。。。。

この引き蘢りのきっかけは私のスネからです。

ですからそれに妻は怒っています。その上、子ども3人を連れて楽しく引き蘢りをしている私をみて怒りに火が付きました。

「いいわよ、それならママは実家にかえるから!」

ええ!
あわてて、ロフトから降りて妻を引き止めようとしましたが、子ども達が全く降りようとしません。

「ロフト楽しいから降りたくない!」
って3人とも口々にそう言います。

でも3女は3歳児ですので、ほっておくわけにいきません。

ええええ。ここで追いかけて仲直りというのが定番なのに!これ本当にまずくない?!


という訳で慌てて、電話しました。
こう言う時、心強い次女が妻に電話して事なきを得ました。
(妻は実家にコメを貰いに行っただけでした。)

今度は家族全員で引き蘢りたいです。

おまけ
引き蘢って読んでいた小説なのですが、最後まで読んで、あとがきみたいなところを見てみると、ベネッセの小学5年生に連載されていたのを、加筆等したものと書いてありました。
小学5年生を対象に書かれたものなのでしょうか?(汗)
結構、面白かったのですけどね。
まあ、スネ男の僕にちょうどいいですかね?
スポンサーサイト

Comment

Name - ASK  

Title - 

久しぶりのコメントです(笑)

お家完成、おめでとおございます!

わたしもスネたら、おじゃまさせてください!その時は、ほっと一息、ブラックコーヒーをお願いします!
2012.01.11 Wed 01:07
Edit | Reply |  

Name - コグマ  

Title - No title

目上の男性にあまりこういう事言っちゃいけないのかもなんですけど・・・・・K2さん可愛いですねwww


と、よそのお宅なので言えますがもんちゃんの立場で1人だけ仲間ハズレにされたら本気の実家帰りしますね!w

2012.01.13 Fri 18:00
Edit | Reply |  

Name - k2k2kun  

Title - ASKさんへ

是非、来てください!
珈琲淹れますので、一緒にすねましょう!
2012.01.15 Sun 00:06
Edit | Reply |  

Name - k2k2kun  

Title - こぐまさんへ

ははは、
でも、妻の実家ってのが、歩いて3分な距離なのですけどね。
2012.01.15 Sun 00:08
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。